[学生チャレンジ支援プログラム] 審査結果 (2017年度第3期)

[学生チャレンジ支援プログラム]
審査結果

 2017 年度第3 期申請(7 月1 日~ 10 月31 日)の学生チャレンジ支援プログラム審査結果は以下のとおりです。

(チャレンジ活動顕彰)

■中村 彩子さん(総合政策4年)
株式会社オデッセイコミュニケーションズ主催「MOS世界学生大会2017 日本代表選考会」大学・短期大学部門ワードの部 入賞に対し17,000円の顕彰金を贈呈。

■浅水 千歩さん(総合政策2年)
関東陸上競技協会主催「第90回関東陸上競技選手権大会」女子5000m W(競歩)第7位、関東学生陸上競技連盟主催「第28回関東学生新人陸上競技選手権大会」女子10000mW(競歩) 第1位、山形陸上競技協会主催「第56回全日本50km競歩 高畠大会」一般
女子10km競歩 第6位、合計3件に対し71,000円の顕彰金を贈呈。

*学生チャレンジ支援プログラムの詳細はこちらをご覧ください

会報31号の訂正について

 2017年12月20日発行の会報31号の本文中に誤りがございました。
 お詫びして訂正いたします。

訂正箇所: 6ページ 右上”「参考になった!」学業について” 円グラフ内ラベル

正) 成績 14.9%

誤) 授業 14.9%

[学生チャレンジ支援プログラム] 審査結果 (2017年度第2期)

[学生チャレンジ支援プログラム]
審査結果

 2017 年度第2 期申請(5 月1 日~ 6 月30 日)の学生チャレンジ支援プログラム審査結果は以下のとおりです。

(チャレンジ活動顕彰)

■浅水千歩さん(法学部総合政策学科2年)
埼玉陸上競技協会主催「第72回埼玉県陸上競技選手権大会 女子5000m W(競歩)第1位」に対し、56,000円の顕彰金を贈呈。

■川井謙太朗さん(法学部法律学科4年)
栃木県警察本部、(一財)栃木県交通安全協会、栃木県二輪車安全運転推進委員会、栃木県二輪車普及安全協会主催
「第47回二輪車安全運転栃木県大会一般Bクラス(750ccクラス)第1位」に対し、56,000円の顕彰金を贈呈。

*学生チャレンジ支援プログラムの詳細はこちらをご覧ください

2017年度 父母懇談会 学内会場(4) - アンケート結果・プログラム -

父母懇談会2017アンケートタイトル

皆さんは父母懇談会を
こう感じられました
(父母懇談会アンケート結果より一部抜粋)

 


「参考になった!」 学業について (回答数195)

懇談会アンケート2016_2

 学生生活の様子がわかり何を4年間学ぶのか理解できてよかった。懇親会は去年大変楽しかったので今年は学年下の息子のお母様をお誘いして参加した。来年も参加する予定です。 
 (外国語学部英語学科2年 母/神奈川県)

 学生の立場になったカリキュラムやセミナー等毎回参加させていただくたびに獨協大学で良かったと感じています。 
 (外国語学部ドイツ語学科4年 父/茨城県)

 

参加して有意義だったのは (複数回答可:回答数338)

 

懇談会アンケート2017_2

 施設見学の学生ツアー、就職活動体験談といった学生の生の声を聞け、とてもよかったです。懇談会では留学の制度などくわしく聞くことができ参考になりました。 
(外国語学部フランス語学科1年 母/千葉県)

 

「参考になった!」 就職について (回答数214)

懇談会アンケート2017_3

 就職に関する講演会が興味深かったです。優良企業とは何か考えさせられました。就職が決まったお2人の講演が素晴らしく、今後子供との関わり方等、ためになりました。 
(外国語学部ドイツ語学科1年 母/埼玉県)
 子供へのアドバイスの仕方が良くわかりました。最近の就職状況がわかり、参考になりました。 
(経済学部経営学科2年 父/東京都)

 

参加した理由は (複数回答可:回答数307)

懇談会アンケート2017_3

 学長のお話の内容大変よく理解出来ました。特に大学の理念等学長から直接お聞きすることはめったにないことで、本学の歴史を含め今まで本で読んでいたものを直接聞けてよかったです。 
(法学部法律学科4年 父/栃木県)

 

 


プログラム

■全員参加
<全体会>
時間:12:30~15:00(受付 12:00~)
会場:天野貞祐記念館3階 大講堂

○代表幹事挨拶:増渕 修司 代表幹事
○名誉会長挨拶:犬井 正 学長
○大学役職者紹介
○父母の会役員紹介
○父母の会支援による学生活動報告
 「2016年度外国語学部英語学科海外
 学修奨励賞短期研修」参加者による報告
○就職に関する講演会
 キャリアセンター所長挨拶:平井 岳哉 経済学部教授
 講演「業界・企業の見方・考え方~業界の最新動向~」:
   上西 伴浩氏(株式会社帝国データバンク本社営業推進部次長)
 内定取得学生2名による就職活動経験談
  (全体会司会 :野間 綾子 監査)

 

<学部学科別懇談会>
時間:15:15~16:15
会場:天野貞祐記念館内 各教室
内容:各学部・学科教員と父母との懇談

 

<懇親会>
時間:16:30~18:00
会場:35周年記念館 2階 学生食堂
○開会の辞:林 裕 幹事
○乾杯:全 戴旭 執行幹事・経済学部長
○学生団体アトラクション:ジャグリングサークル カクタス
○同窓会挨拶: 上杉 貴 一般社団法人獨協大学同窓会副会長
○閉会の辞:井上 栄子 副代表幹事
 (懇親会司会 : 石橋 豊栄 幹事)

 

■任意参加
<個別相談>
時間:10:00~16:00
会場:天野貞祐記念館 A- 306教室

 

<施設見学>
時間:10:00~12:00
学生ガイドによるキャンパスツアー
参加者数
265世帯 352名


|
|
|
4
 

2017年度 父母懇談会 学内会場(3) - 学部学科別懇談会 -

学部学科別懇談会

 学生が所属する学部学科に分かれ、先生方から学生の日頃の様子をうかがったり、直接相談できる貴重な機会、「学部学科別懇談会」が父母懇談会全体会後に開催されました。
 各教室では、担当の先生から普段直接聞くことが難しい学習面、学生生活の様子や留学、就職についての話があり、活発な意見交換が行われました。
時間:15:15~   
会場:天野貞祐記念館内 各教室

 


 個別に相談できる機会がある事が良いです。親の不安が少し減りました。丁寧に対応していただきました。ありがとうございました。 
 経済学部経営学科1年 母
学部学科別2017_1(左)外国語学部ドイツ語学科の様子
(右上)外国語学部英語学科の様子 (右中)外国語学部フランス語学科の様子 (右下)国際教養学部言語文化学科の様子

 細かくお聞きすることが出来良かったです。キャリアセンターが良く機能されているようで心強いです。子供に伝えます。 
法学部経済学科3年 母
学部学科別2017_2経済学部4年の様子
学部学科別2016_3(上左)外国語学部交流文化学科の様子(上中)法学部の様子(上右)経済学部3年の様子
(下左)経済学部2年の様子 (下右)経済学部1年の様子

個別相談2017
個別相談
時間:10:00~16:00
会場:天野貞祐記念館 A- 306教室


懇親会
時間:16:30~18:00 会場:35周年記念館2F 学生食堂

父母懇談会後、会場を35周年記念館2階学生食堂に移し、懇親会が行われました。料理とともに学生ジャグリングサークル「カクタス」による演技も披露され、大学教職員とご父母、そしてご父母同士が交流を深め、盛況のうちに終了しました。
懇親会2017

|
|
3
|
 

2017年度 父母懇談会 学内会場(2) - 就職に関する講演会 -

 就職に関する講演会では、株式会社帝国データバンク本社 営業推進部次長の上西伴浩氏による講演「業界・企業の見方、考え方 ~業界の最新動向~」、続いて内定取得学生2名による就職活動経験談の報告が行われました。

[講演]
昔の常識は今の非常識
業界・企業の見方、考え方 ~業界の最新動向~
株式会社 帝国データバンク本社 営業推進部次長 上西伴浩 氏
2017懇談会上西氏

 日本の景気動向は右肩上がりで、ここ最近では上がってきているという状態です。
大学卒業者の求人倍率は1.78倍と前年度に比べても上回ってきています。
 金融業、製造業、人材サービス業を中心に大手企業の採用意欲が旺盛です。
 しかし全体像としては良いのですが、学生さんの大部分が希望する従業員5000人以上の大企業の求人倍率は0.39倍です。大手企業を狙うのは狭き門であるということは認識しておいてください。
 就職活動の今と昔(1985年~90年)の大きな違いとしては昔は大学に進学される方は高校を卒業した方の20%強でした。今は50%強は大学に行っています。そうなると今と昔では学生の数は当然違ってきます。 
 また、たった20年や30年で都銀が合併したり、JALが経営困難になるなど当時は誰も予想できていませんでした。
 自分たちの昔の感覚でお子様に話すのは絶対にやめた方がいいです。親子喧嘩の元です。企業体や業界が大きく変わっていますので当時の当たり前は今の非常識です。自分が知っている企業だけが良い会社ではありません、知らない企業でも違う観点から見たら良い企業ということもあります。
 もしお子様に相談されたら、それらを念頭に相談に乗っていただければと思います。

2017懇談会様子2

内定取得学生による就職活動経験談
2017懇談会就職体験談1
感謝の気持ちを持って仕事に励む
 就職活動においては両親は自分より広い視野を持っていて、社会経験もあり、第三者の目線から多くのアドバイスをもらいました。両親は航空業界のニュースがあればすぐに共有してくれたり、面接の練習に付き合ってくれたりしました。
 この内定は私だけではなく、両親やキャリアセンターの方、講座の先生など皆で取れた内定だと思います。来年からは客室乗務員としてお世話になった方へ感謝の気持ちをもって仕事に励みたいと思います。
2017懇談会就職体験談2
監督ではなくサポーターとして
 大学の生活は最初のころはあまり面白くなかったんですが、3つのことをやり始めると次第に大学生活が充実してきました。1つ目は航空券を買って発展途上国や難民を知る旅に行かなければいけない状況を作りました。2つ目はゼミの仲間と本気でプロジェクトに取り組みました。3つ目はそれらのアウトプットとして様々な立場で活動を発信してきました。
 保護者の方は強く指示を出す監督ではなくサポーターの立場でいて欲しいと思います
報告

父母の会支援による学生活動報告
「2016年度外国語学部英語学科学習奨励賞短期海外研修」参加者による報告
ひまわり組 この研修は英語学科の成績優秀者が大学で習得した英語力と国際社会に関する知識を使って、アジアにおける英語圏の学生と交流することにより、グローバルマインドを持った情報発信型のリーダーを育成することを目的とした制度です。
 参加した学生が海外研修先の香港で得た成果を報告し、ご父母の皆さんはそれに興味深く聞き入っていました。

|
2
|
|
 

2017年度 父母懇談会 学内会場(1)

 10月14日(土)獨協大学にて2017年度父母懇談会(学内会場)が開催。265世帯352 名のご父母が出席しました。
 犬井学長をはじめ、株式会社帝国データバンクによる講演や、就職内定者の経験談、父母の会支援活動報告、学部学科別懇談会や懇親会の様子をレポートします。


[名誉会長挨拶]
21世紀をリードしうる人間を育成
名誉会長 犬井正 学長

2017学内父母懇談会 犬井学長

 2017年度父母懇談会にご出席いただきまして誠にありがとうございます。
 獨協大学父母の会は2008年10月に獨協大学の教育方針に則り本学への教育研究へのご支援とご父母の交流促進を目的として設立されました。これまでに教育研究活動、そして学生生活に対する様々な支援事業が行われ、本学への色々なご支援、ご協力をいただいてまいりました。2012年度に竣工の学生センター、そして今年竣工した新教室棟「創立50周年記念館(西棟)」の建設に際しては多大なるご寄付を賜りました。父母の会にはこれ以外にも多方面にわたり日頃よりご支援いただいており、改めて感謝申し上げます。
 獨協大学の建学者は著名な哲学者、教育者であり第三次吉田内閣の文部大臣を務めた天野貞祐先生です。本学の建学理念は「大学は学問を通じての人間形成の場である」という先生の言葉に凝縮されています。先生は「知育の徳育性」という独自の教育論を掲げながら、学問を媒介として人間性を開発することを大学教育の目的として本学で実践してまいりました。
 獨協大学の目的及び使命を定めた学則第一条には、社会の要求する学問を研究、教授することで人間を形成すること、そして獨協大学の伝統である外国語教育を重視、複雑な内外の情勢に対処できる実践的な独立する人格を育成することを掲げています。そしてその使命は21世紀をリードしうる国際的な教養を備えた人間を育成することにあります。
 現在私たちを取り巻く国内外の情勢は非常に複雑で不透明な要素が多く見受けられます。しかしながら本学はそのような時代だからこそ優れた人間性と能力を備え、逞しく生きる人材を育成すべく大学の総力を結集してまいりたいと思っております。これからも天野貞祐先生が示され、今でも輝き続けている「大学は学問を通じての人間形成の場である」という建学の理念を念頭に置き、魅力的な教育環境の整備にあたっていく所存であります。何卒ご理解ご支援のほど宜しくお願いいたします。

2017懇談会様子1

[代表幹事挨拶]
獨協大学はすっかり街のシンボルに
獨協大学父母の会代表幹事 増渕 修司

2017学内父母懇談会_代表幹事

本日はお忙しい中、またお足元の悪い中、2017年度父母懇談会にご出席いただき誠にありがとうございます。

 会員の皆様には日頃より父母の会の活動に対しご理解、ご協力を賜り感謝申し上げます。

 さて獨協大学父母の会は大学の教育方針に則り、父母が連携を図り学生の学習活動を支援するとともに、大学の教育研究活動の充実及び発展に寄与することを目的として2008年10月に発足され、来年10月には設立10周年の節目を迎えようとしています。
 これまで父母の会では様々な事業を行ってきましたが、この父母懇談会と交流会は大学と父母、また父母同士の交流促進の重要な機会と位置付け、学内学外合わせて年二回のペースで開催しています。

 ご父母の皆様に大学の近況や学生の日頃の様子、就職状況等を広く知っていただく貴重な機会として取り組んでおり、参加いただいたご父母の皆様からも貴重な情報を知る良い機会だったと好評をいただいております。

 さて、2017年は獨協大学を取り巻く環境が大きく変貌を遂げました。1月には今後の50年を支える新教室棟「創立50周年記念館(西棟)」が竣工され、4月には本学最寄りの駅名が松原団地から「獨協大学前<草加松原>」に改称されました。松原団地も建て替えが進んで大学の周りの団地は高層で立派な団地に生まれ変わっています。街が獨協大学を盛り立てているかのような環境下にあり、すっかり街のシンボル的な存在になっています。

 どうぞみなさん本日は懇親会までお付き合いいただき、次の50年に向けて不断の改革に取り組んでおられる獨協大学の様子を間近に感じていただくとともに、獨協ファミリーを所以とするアットホームな雰囲気を感じていただければ幸いです。

1
|
|
|
 

2017年度 父母懇談会 新潟会場(3)

学部別懇談会

 学部別に分かれ、普段会うことができない先生方との交流。
2017父母懇談会新潟_学部学科別懇談会


懇親会

 学部別懇談会のあとは懇親会を開催。
懇親会は料理を囲み、和やかな雰囲気の中、ご父母同士や、大学教職員の皆様と交流を深めました。
2017父母懇談会新潟懇親会


[プログラム]

11:30 ~ 受付開始

■全員参加 
<全体会>
13:00 ~ 14:30 
 ・父母の会挨拶:増渕修司 代表幹事 
 ・大学挨拶:古川堅治 副代表幹事 /国際教養学部長 
 ・一般社団法人 獨協大学同窓会 挨拶:星逸朗 副会長 
 ・大学役職者等紹介/同窓会関係者紹介/父母の会役員紹介

 就職に関する講演会
 ・「キャリアセンターの就職支援と就職状況」
  平井岳哉 キャリアセンター所長 /経済学部教授
 ・地元在住卒業生による講演
  「獨協との縁」
  棚村克巳氏(獨協大学同窓会 新潟県支部代表)
    (全体会司会:大澤昭子 幹事)

<学部別懇談会>
14:45~16:00
 ・各学部教員と父母との懇談

<懇親会>
16:00 ~ 17:30 
 ・開会挨拶:有吉順子 幹事 
 ・乾杯:江花輝昭 幹事 /外国語学部長 
 ・閉会挨拶:井上栄子 副代表幹事 
    (懇親会司会:小板橋俊雄 幹事)

■任意参加 
<個別相談> 
11:30~13:00 
  教務課、学生課、キャリアセンター、国際交流センター職員による個別相談 

 

2017年度 父母懇談会 新潟会場(2)

 就職に関する講演会では、キャリアセンター所長である平井 岳哉 経済学部教授にご講演いただき、続いて一般社団法人 獨協大学同窓会 副会長 星逸朗氏にご挨拶いただきました、その後、地元新潟在住の卒業生代表として同会の新潟支部代表である棚村克巳氏に「獨協との縁」をお話しいただきました。


[就職に関する講演会]

キャリアセンターで全て受け止めます
「キャリアセンターの就職支援と就職状況」
キャリアセンター所長/経済学部経営学科教授 平井 岳哉
2017新潟_平井先生

 現在の就職活動は3年生の冬からスタートして4年生の夏までの約半年間です。どれだけ充実した大学生活の3年間を送ったかということです。
 就職活動は3年生の冬からでも間に合います。しかしできるだけ早く方向性を定めた人の方が少しだけ有利になります。例えばキャビンアテンダントになりたい女子学生の一部は入学直後から航空関係の講座、もしくはそれに関係する授業を選択して取ります。ですので「公務員になりたい」や「外国の企業で働きたい」などの方向性を定めておけば、授業の選択に迷わなくなります。その際、やや矛盾するかもしれませんが、幅広くということも忘れないで欲しいとも思います。
 キャリアセンターには就職にともなう相談窓口となるアドバイザーが職員含めて常時10人くらいおり、色々な相談に乗っています。エントリーシートの添削や就職に関する不安など、キャリアセンターで私を含めた教職員が全て受け止めるつもりで頑張っておりますので、何かお子様に悩み事がありましたら気兼ねなくキャリアセンターを利用して欲しいと思っております。


ぜひ同窓会に積極的に相談を
一般社団法人 獨協大学同窓会 副会長 星逸朗氏
新潟交流会_星同窓会副会長

  獨協大学も50周年を迎え、第一期生も70歳を越えています。各地で既に第一線を退いており、時間的にも精神的にも余裕が出てきています。ということは自分の後輩の就職活動に対して積極的に応えてくれるということです。
 都市部で就職する方は大丈夫でしょうが、Uターンする方は(就職が)難しいこともあるかもしれません。
 そのときにはどうぞ同窓会やキャリアセンターに積極的に相談して下さい。そうしたら直ちに行動を起こします。
 私が知っているところでは、今秋田県に戻りたいという学生さんのために同県の同窓生が動いています。
 新潟県にも当然そういった方々がいらっしゃいますので、ぜひ相談していただきたいと思います。


[地元在住卒業生による講演]
「獨協との縁」
一般社団法人 獨協大学同窓会 新潟県支部代表 棚村克巳氏
(1988年 法学部法律学科卒業、新潟交通グループ広告代理店勤務)
tanamurashi_2017nigata

  獨協大学は正門を潜るとそこに石碑があるんですね。それにはこう書かれているんです。「大学は学問を通じての人間形成の場である」と。
 これは初代学長である天野貞祐先生のお言葉なのですが、学生であった我々にとってみればこの校訓が毎日呪文のように刷り込まれていたようなものでした。
 そんな校訓が染みついている我々獨協学徒は日々人間形成とは何ぞやということを思い悩みながら学生生活を過ごしていました。ですから、自ずと他校の学生より人間形成という部分に長けるのでしょう。仕事柄企業の採用担当者に会うことがあるのですが、行く先々で獨協大学卒業生に高い評価をいただくことが多く、非常に嬉しい思いで誇りを感じております。
 中小企業が元気になることが日本経済が伸びる根幹だと、今私は地方に居て強く感じています。新潟にもその素地が沢山あると思います。
 大手か否かではなく、自分に合うか合わないか、自分が何を貢献できるかという見地で企業を選び、それぞれの故郷で活躍していただければと思います。

 Voice 参加者の声

キャリアセンター所長のお話がとてもわかりやすくて、現在息子が何をすべきかがよくわかりました。体制が整っていて、とてもありがたいです。懇談会でも学部長先生と平井先生が懇切丁寧に答えてくださり、参加して質問できてよかったです。  (経済学部経営学科2年 母)

今後の(卒業のための)単位の取って行き方を詳しく教えて頂きました。ありがとうございます。子供の現在の就活状況の流れを教えてもらえたので、本人が頑張ってくれるよう願っています。  (国際教養学部言語文化学科4年 母)

|
2
|
 

2017年度 父母懇談会 新潟会場(1)

古川副代表幹事_2017懇談会新潟

▲大学を代表してご挨拶された
古川堅治 国際教養学部長(父母の会副代表幹事)

 6 月25 日(日)新潟市のホテルイタリア軒において、2017 年度父母懇談会(新潟会場)が行われ62 世帯83 名のご父母と、父母の会役員13 名、教職員22 名、同窓会関係者2 名、父母の会事務局2名の122 名が出席しました。
 父母の会を代表して増渕修司代表幹事からの挨拶ののち、大学を代表して父母の会副代表幹事である古川堅治国際教養学部長より獨協大学の沿革、大学教育の現状、大学改革の方向性等について説明がありました。また、一般社団法人獨協大学同窓会・星逸朗副会長にご挨拶をいただきました。
 その後、平井岳哉キャリアセンタ―所長による講演、そして棚村克巳同窓会新潟県支部代表による講演「獨協との縁」が行われました。
 全体会の後、学部別懇談会、懇親会が行われ、大学関係者とご父母、ご父母同士が懇親を深めました。


[代表幹事挨拶]
大学と共に成長する父母の会
父母の会代表幹事 増渕 修司
2016父母交流会那覇_代表幹事

 百田前代表幹事よりたすきを引き継ぎ、2017年度獨協大学父母の会代表幹事を務めさせていただくことになりました、増渕修司と申します。
 本日は2017年度父母懇談会(新潟会場)に多数ご出席いただき、誠にありがとうございます。
 獨協大学は、皆様がご存知の埼玉県草加市、松原団地駅にあります。老朽化している団地の建て替えが進んでおり、街並も昔の面影がなくなる程きれいな新しい街に生まれ変わりつつあります。
 今年の4月1日より、「松原団地駅」の駅名も「獨協大学前<草加松原>」に変わり、まさに獨協大学を盛り立てているかのような環境下にあります。
 父母の会は、来年10月に10周年を迎えようとしています。事業計画も形になってきており、大学と共に成長している会です。
 父母懇談会の地方開催は、大学より遠方にお住いの多くのご父母の皆様に大学の活動の様子、就職の状況等を知って頂く貴重な機会です。
 そのため父母の会としても重要な活動として取り組んでおります。
 本日、ご参加頂いている皆様にも、改革と進化を続けている獨協大学の空気を間近に感じて頂くと共に、ご父母同士、また教職員や同窓生の皆様との交流を図っていただき、「獨協ファミリー」を所以とするアットホームな雰囲気を感じていただければ幸いです。

2017父母懇談会新潟参加者一同

1
|
|