[学生チャレンジ支援プログラム] 審査結果 (2016年度第4期)

[学生チャレンジ支援プログラム]
審査結果

 2016 年度第4 期申請(11 月1 日~ 12 月20 日)の学生チャレンジ支援プログラム審査結果は以下のとおりです。

(チャレンジ活動顕彰)

■浅野 英里( 法学部国際関係法学科3 年) 
 ICA 国際電卓協会主催「国際電卓技能競技全国大会 読上算競技( 高校・一般の部)」優勝に対し、20,000 円の顕彰金を贈呈。

■どく太が推す群馬の魅力チーム 
群馬県主催「日本遺産 “かかあ天下―ぐんまの絹物語―”魅力発信企画学生コンペティション」最優秀賞受賞に対し、136,000 円の顕彰金を贈呈。

■米山ゼミAチーム 
富山県立山町主催「立山町インターカレッジコンペティション2016」優秀賞受賞に対し、55,000 円の顕彰金を贈呈。

(チャレンジ活動顕彰)
不採択

*学生チャレンジ支援プログラムの詳細はこちらをご覧ください

[学生チャレンジ支援プログラム] 審査結果 (2016年度第3期)

[学生チャレンジ支援プログラム]
審査結果

2016 年度第3期申請(7月1 日~ 10月31 日)は、チャレンジ活動顕彰4件、活動助成1件の申請がありました。
審査結果は以下の通りです。

(チャレンジ活動顕彰)

■高安健一ゼミナールCSRチーム 
第6回CSR構想インターゼミナール最優秀賞、学生大賞、ポスターセッション賞受賞に対し、104,000円の顕彰金を贈呈。

■浅水千歩さん *2件申請 
第55回全日本50km競歩高畠大会一般女子10km競歩第2位入賞および第27回関東学生新人陸上競技選手権大会女子10000mW第3位入賞に対し、54,000円の顕彰金を贈呈。

■鈴木雄大さん 
第18回ラクロス全日本ユース選抜選手権大会第2位(関東ユース選抜)に対し、38,000円の顕彰金を贈呈。

(チャレンジ活動顕彰)
不採択

*学生チャレンジ支援プログラムの詳細はこちらをご覧ください

第11回 伝統芸能鑑賞教室「歌舞伎座 歌舞伎鑑賞」

「歌舞伎座 歌舞伎鑑賞」
 日時:2016年12月18日(日) 11:00~14:00

 歌舞伎座において、父母の会主催伝統芸能鑑賞教室第11 回「歌舞伎座 歌舞伎鑑賞」が行われ、144 名の学生が参加しました。

第11回伝統芸能鑑賞教室

参加者の声_伝統芸能
 現代劇に近い演目だったので、初めての歌舞伎鑑賞でも
最初から最後まで楽しむことができた。(法学部法律学科4 年)
 役者が作り出す空気・世界観は圧倒的で、終始歌舞伎という文化に魅了された。次回はもっと古典的な作品も鑑賞したい。(外国語学部英語学科2 年)

*過去の伝統芸能鑑賞教室の一覧はこちらをご確認ください。

2016年度 父母交流会 那覇会場(3)

懇親会

 交流会のあとは懇親会を開催。
ご父母同士や、大学教職員の皆様と交流を深めました
2016父母交流会那覇懇親会


[プログラム]

13:30 ~ 受付開始

<全体会>
14:00 ~ 14:10 
 ○百田 克己 代表幹事挨拶
 ○大学出席者紹介
 ○一般社団法人獨協大学同窓会出席者紹介
 ○父母の会役員紹介

14:10 ~ 15:00 
 ○大学代表者挨拶および大学近況報告
  古川 堅治 国際教養学部長/父母の会副代表幹事
 ○キャリアセンターによる就職に関する講演
  「2015 年度就職状況とキャリア・デザインを考える」
  平井 岳哉 キャリアセンター所長/経済学部経営学科教授

15:00 ~ 15:30 
 ○卒業生による講演
  「獨協との縁」 
  須藤 明弘 一般社団法人獨協大学同窓会会長

 司会:宮本 和子 幹事

<懇親会>
15:40 ~ 17:10 
 ○増渕 修司 監査 開会挨拶
 ○全 載旭 経済学部長/父母の会執行幹事による乾杯
 ○有吉 順子 副代表幹事 閉会の辞

 懇親会司会 :竹添 真仁 幹事

 

2016年度 父母交流会 那覇会場(2)

 就職に関する講演会では、キャリアセンター所長である平井 岳哉 経済学部教授にご講演いただいたあと、卒業生を代表して一般社団法人 獨協大学同窓会 会長 須藤明弘様に「獨協との縁」をテーマにご講演いただきました。


lecture_blue[2015年度就職状況とキャリア・デザインを考える]
経験だけではなく、どんな成長をしたのか
キャリアセンター所長/経済学部経営学科教授 平井 岳哉
2016沖縄_平井先生

 本日はご多忙の中おいでいただき誠にありがとうございます。 
 今就職活動に何が問われるかですが、まず「学校生活」です。
 4年間どんな学生生活を送ってきたかということです。主にエントリーシートや面接で説明するのは「授業・ゼミ」「海外旅行含めた留学」「クラブサークル」「アルバイト」おそらくこの4つが自己アピールで使うときの材料になると思います。
 「どんな学生生活を送ったか」、「どんな成長や経験をしたか」、企業の人事部の方にとって聞きたいのは単に何をやったかではなく、それを通じてどういった成長をしたかという、もう1つ先のステップです。単に何をしたかという経験だけでは人物評価は低いのです。
 ですから、経験を経てどんな成長をしたかが大切なんです。
 次に「企業を志望する理由」です。なぜその産業、その企業で働こうと思ったのか、おそらくどの企業でも聞くはずです。
 目的をもって企業に入る、明確な希望、熱意を見せた学生ほど企業に評価されることになります。
 ですから、早い段階からどういった仕事(キャリア)をしたいのか、遅くとも3 年の夏休みまでに思い描くことが必要かと思います。


lecture_blue[講演]
「獨協との縁」
一般社団法人 獨協大学同窓会 会長 須藤明弘氏
(1971年 経済学部経済学科卒業)
2016沖縄_須藤会長

 大学で勉強する事は大事ですが、実社会での私の体験からすると何より大切な事は「一期一会」ではないかと思います。
人と人との出会い、茶道の極意とも云うべき「ご縁」を先ずは大事にしていって欲しいと考える次第です。
 こちらには良い言葉があるんですね。「いちゃりば ちょーでー」行き会えば兄弟という、素晴らしい精神性の高い言葉だと思います。
 昨日地元沖縄の同窓生2 人と食事をしました。そのお会いした2 人は沖縄で活躍されているんですが、1 人は琉球銀行に、もう
1 人は沖縄銀行にお勤めになっておりました。同窓会としてはこういった人的ネットワークをもっと束ねて、側面から就職活動のお手伝いができればと思っております。

息子とは沖縄と埼玉で遠く離れているので就職に不安がありましたが、キャリアセンターの様子も見ることができて安心しました。
(法学部総合政策学科1 年 父)
|
2
|
 

2016年度 父母交流会 那覇会場(1)

古川副代表幹事_2016交流会那覇
▲大学を代表してご挨拶された
古川堅治 国際教養学部長(父母の会副代表幹事)

2016年12月10日(土)ホテルロイヤルオリオンにおいて、父母交流会(那覇会場)を開催し、17 世帯20名の父母の会会員に加え、父母の会役員、大学及び同窓会関係者が参加しました。
 父母交流会は、父母の会会員相互の親睦を図ることを目的とするもので、学外での開催は、2013 年度の福岡会場、2014 年度の札幌会場、2015 年度の広島会場に続き4都市目となりました。
 当日は、大学を代表して古川堅治国際教養学部長(父母の会副代表幹事)が獨協大学の歴史と、近況報告として主に「教育改革」「学生支援」「キャンパス再編」等の現状について、スライドを交え紹介。「本学は今後も社会的ニーズを的確にとらえ、優れた人間性と能力を備え、たくましく生きる人材を育成すべく、大学の総力を結集してまいりたい」と挨拶。また、当会も寄付を行いました「創立50周年記念館(西棟)建設及び教育施設の充実募金」への支援に対し謝辞が述べられました。
 続いて平井岳哉 キャリアセンター所長( 経済学部経営学科教授)から、「2015 年度就職状況とキャリア・デザインを考える」をテーマにご講演いただいたあと、卒業生を代表して須藤明弘 一般社団法人獨協大学同窓会会長に「獨協との縁」をテーマにご講演いただきました。
 懇親会では、料理とお酒を囲み、ご父母同士、またご父母と大学関係者が活発な交流を図り、大変盛況のうちに終了しました。


[代表幹事挨拶]
初の沖縄開催、有意義な交流を
父母の会代表幹事 百田 克己

2016父母交流会那覇_代表幹事

 本日はお忙しい中、獨協大学父母の会主催「父母交流会」にご出席頂きまして誠にありがとうございます。
 沖縄での父母交流会は初の開催となります。
 獨協大学父母の会は、大学の教育方針に則り父母が連携を図り学生の学習活動を支援すると共に大学の教育研究活動の充実及び発展に寄与する事を目的として発足されました。諸先輩方の熱き思いと長い熟成期間を経て築かれてきた父母の会も発足以来8 年の歴史を重ね2018 年10 月には、満10 年目の節目を迎える事になります。
 ご父母及び保証人からなる正会員役員と大学の教職員からなる特別会員役員が中心となり、進路就職活動への支援、奨学金事業への支援、大学の教育研究活動への助成、機関誌「父母の会会報」の発行など様々な事業を企画立案、実施しています。
 その中でも特に重要な活動として位置付けているのが、本日の企画である「父母懇談会・交流会の開催」です。ご父母の皆様に対し、大学の活動の様子や就職の状況等を広く知って頂く機会であり、重要な活動として取り組んでおります。参加頂いたご父母の皆様からも「貴重な情報を知りえる良い機会だった」との感想を多く頂いております。
 本日は大学教職員の皆様や同窓会からも須藤同窓会長にお越しいただいております。ぜひ交流いただき、有意義な時間となることを願っております。

2016父母交流会那覇参加者一同

1
|
|
 

2016年度 父母懇談会 学内会場(1)

 10月15日(土)獨協大学にて2016年度父母懇談会(学内会場)が開催。293世帯381名のご父母が出席しました。
 犬井学長をはじめ、株式会社帝国データバンクによる講演や、就職内定者の経験談、父母の会支援活動報告、学部学科別懇談会や懇親会の様子をレポートします。


[名誉会長挨拶]
魅力ある地域社会の発展に貢献
名誉会長 犬井正 学長

 本日はお忙しい中、「2016年度父母懇談会」にご出席いただき、ありがとうございます。この父母懇談会は、ご父母や保証人の皆様にキャンパスを実際に見ていただくと共に、各学部・学科の教員や各専門担当の職員から直接、大学の様子をお伝えし、また皆様から忌憚のないご意見やご要望をお伺いすることを目的としております。この懇談会が大学とご父母・保証人の皆様との、より密接なコミュニケーションが図られる場となることを願っております。
 獨協大学父母の会では、「教育・研究活動」と「学生生活」に対する様々な支援事業が行われ、本学に対し多大なるご貢献をいただいてまいりました。特に、50周年記念事業の一環として行われた「創立50周年記念館(西棟)建設および教育設備の充実募金」に対しては、「獨協大学父母の会」より多額のご寄附を賜りました。改めて厚く御礼申し上げます。お陰様で「創立50周年記念館(西棟)」の工事は順調に進んでおり、2017年1月に完成する予定です。この建物は、建学の理念すなわち「大学は学問を通じての人間形成の場である」を受け継ぎ、「ラーニング・コモンズ」を具現化する教育施設として、本学の教育活動を更に進化させるものとなります。こうした外から見える施策、事業以外にも、教学、入試、就職、学生生活、教育・研究条件、労働環境、経営問題など多方面に渡る制度改革が内部で進行しております。
 また、最近、本学の歴史に新たな1ページを刻む出来事がありました。さる6月22日に東武鉄道株式会社より、本学の最寄り駅である東武スカイツリーライン「松原団地駅」の名称が、来春から「獨協大学前<草加松原>」に改称されることが、発表されました。
 これは、草加市および地域の皆さまからの働きかけにより「獨協大学」の名称が採用されたもので、大学として大変名誉なことです。この度の駅名変更を機に本学は、今後、さらに地域に根ざした文化、教育の一翼を担う、重要な役割を果たすべく、魅力ある地域社会の発展に貢献する所存です。
 これからも本学は、天野貞祐先生が示され、今でも輝き続けている「大学は学問を通じての人間形成の場である」という建学の理念を常に念頭に置き、教育力強化と魅力的な教育環境の整備に当たっていく所存です。何卒、ご理解、ご支援のほど、お願い申し上げます。

2017懇談会様子1

[代表幹事挨拶]
8年の歴史を重ねた父母の会
獨協大学父母の会代表幹事 百田 克己

2017懇談会代表幹事 本日はお忙しい中、2016年度父母懇談会にご出席いただきまして誠にありがとうございます。日頃より父母の会にご理解ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。また、本日は関東地区をはじめ、遠方からもご父母並びに保証人の皆様にお集まりいただきまして、あらためて御礼申し上げます。
 獨協大学父母の会は、大学の教育方針に則り、父母が連携を図りながら学生の学修活動を支援するとともに、大学の教育研究活動の充実及び発展に寄与する事を目的として2008年10月に発足しました。諸先輩方々の熱き思いと長い時を経て築かれてきた父母の会も発足以来8年の歴史を重ね、2018年10月には満10年の節目を迎える事になります。
 本日ご参加いただきました父母懇談会は、ご父母の皆様に大学の活動の様子や就職の状況等を広く知っていただく機会として重要な活動と位置づけ取り組んでおります。参加いただいたご父母の皆様からも「貴重な情報を知りえる良い機会だった」との感想を多くいただいております。
 どうぞ皆さま、本日は最後の懇親会までぜひお付き合いいただき、次の50年に向けて不断の改革に取り組まれている獨協大学の様子を間近に感じていただければ幸いです。

1
|
|
|
 

[学生チャレンジ支援プログラム] 審査結果 (2016年度第2期)

[学生チャレンジ支援プログラム]
審査結果

2016 年度第2期申請(5 月1 日~ 6 月30 日)は、チャレンジ活動顕彰1 件の申請となりました。
審査結果は以下のとおりです。

(チャレンジ活動顕彰)
■浅水千歩さん(法学部総合政策学科1年) 
関東学生陸上競技連盟主催「第95回関東学生陸上競技対校選手権大会女子1部10000mW第6位入賞」に対し、32,000円の懸賞金を贈呈

なお、2016年度第1期(4月1日~4月30日)はチャレンジ活動助成、チャレンジ活動顕彰ともに申請はありませんでした。

*学生チャレンジ支援プログラムの詳細はこちらをご覧ください

[学生チャレンジ支援プログラム] 審査結果 (2015年度第5期)

[学生チャレンジ支援プログラム]
審査結果

2015 年度第5期申請(1 月10 日~ 3 月31 日)は、チャレンジ活動顕彰1 件の申請となりました。
審査結果は以下のとおりです。

(チャレンジ活動顕彰)
■赤羽咲紀さん(外国語学部英語学科4年) 
名古屋外国語大学主催「第9回学生通訳コンテスト」
The Japan Times賞受賞に対し、31,000円の顕彰金を贈呈。

なお、2016年度第1期(4月1日~4月30日)はチャレンジ活動助成、チャレンジ活動顕彰ともに申請はありませんでした。

*学生チャレンジ支援プログラムの詳細はこちらをご覧ください