経済学部高安ゼミと父母の会の食育コラボが読売新聞で紹介されました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA11月17日発行の読売新聞22面に経済学部高安ゼミベジノミクスチームと父母の会による学生の野菜摂取を促すプロジェクトの記事が掲載されました。

このプロジェクトは、若者の野菜不足に着目し、野菜摂取量を促す知識の習得や実践を目指す経済学部高安ゼミベジノミクスチームと、学生の食育について検討する父母の会事業運営作業部会食育部会のコラボにより実施したもので、学生と父母が協働で行う初の試みとなりました。

11月5日から7日には学生食堂にて野菜摂取の充足度を測る機器「ベジチェック」を設置し、希望者に対し野菜摂取量の測定を実施するとともに、1日に必要となる野菜の量の半分が摂れる一汁一菜の特別メニュー「Vege Style」を販売。限定50食が30分で完売するなど、大変な盛況ぶりでした。

今後、11月と12月の毎週木曜日に「Vege Style」を数量限定で販売するとともに、第2回目のベジチェックを12月17、18、19日の3日間、学生食堂にて実施します。

また、学生食堂、スタイルカフェ、学生センター1階の机上に父母の会食育部会が監修した野菜摂取に関する豆知識を掲載したポップスタンドを設置し、継続して野菜摂取に関する情報提供を行います。


2019年度父母交流会(大阪会場)のご案内

 獨協大学父母の会では、会員相互の交流を図ることを目的とした父母交流会を獨協大学キャンパス及び学外で開催しております。今年度の学外会場は、大阪府大阪市にて開催する運びとなりました。当日は、大学関係者をお招きして獨協大学の近況報告と就職に関するご講演、一般社団法人獨協大学同窓会のご協力のもと卒業生によるご講演、そして懇親会を開催いたします。
 大学の教職員の方々、そして獨協大学生をお子様に持つご父母同士が交流できる貴重な機会であり、毎回好評を得ております。ご家族同伴でのご参加も歓迎いたします。また、開催地及び近県にお住まいの皆さまには別途案内状をお送りしますが、それ以外の地域にお住まいの方も是非ご参加いただきたくご案内申し上げます。ホテル自慢の料理とお飲物を用意し、スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。
敬具
日時:2018年12月8日(日)12時~15時
会場:大阪第一ホテル
   大阪市北区梅田1-9-20 大阪マルビル
   電話:06-6341-4411
会費:無料

 

プログラム:     *内容は都合により一部変更する場合があります。
時間 内容
11:30~ 受付開始
12:00~12:15 ・獨協大学父母の会挨拶
・一般社団法人獨協大学同窓会挨拶
・出席者紹介
12:15~13:00 ・大学代表者挨拶および大学近況報告
・キャリアセンターによる就職に関する講演
  平井岳哉 キャリアセンター所長/経済学部教授
13:00~13:20 ・同窓生による講演「獨協との縁」
  本田盛氏(1977年 外国語学部英語学科卒業
       関西学院大学総合政策学部 名誉教授)
  
  休憩
13:30~15:00 懇親会

申込方法:
(1)大阪府及び近県在住の皆さま
開催地である大阪府及び近県在住の皆さまにはご自宅宛に案内状をお送りします。同封の申込葉書または、電話、FAX、メールにてお申込みください。
(2)大阪府及び近県以外在住の皆さま
電話、FAXまたはメールにて、学科、学年、学生氏名、会員氏名、出席人数、電話番号をお知らせください。
電話:048-946-1962
FAX:048-943-3160
 メールアドレス:fubonokai@stf.dokkyo.ac.jp

*準備の都合上、11月29日(金)までにお申し込みくださいますようご協力をお願いいたします。

 

 

飯島ゼミ・米山ゼミ合同企画「東西文化交流への想い~能とバレエのコラボレーションによって生まれるもの」のご案内

この度、言語文化学科飯島一彦ゼミと国際環境経済学科米山昌幸ゼミが合同で企画する講演会について、父母の会が後援する運びとなりました。

この講演会は、日本とヨーロッパを股にかけて活動なさっている観世流シテ方能楽師津村禮次郎氏と、ロンドンのバレエシアター芸術監督クリストファー・ムーア氏が11月8日~18日に東日本大震災被災地4か所と東京で「能とバレエとピアノのコラボレーション」ツアーコンサートをなさるのを機に開催するものです。

津村氏とムーア氏に来学いただき、東西文化交流についての想いや、能とバレエのコラボレーションによって生まれるもの、震災からの復興における可能性等の内容についてお話いただきます。福島第一、第二原発のすぐそばに立地する富岡町の現状リポートもあります。父母の会会員の皆様もご参加いただけます。
自由な雰囲気の講演会ですのでぜひご来聴ください。

日 時:11月15日(金)15:30~17:10(4限)
場 所:学生センター雄飛ホール
対 象:学生、父母の会会員(在学生の父母・保証人)
申込みは不要です。直接会場にお越しください。

(問い合わせ先)
父母の会事務局(048-946-1962)

【会員の皆様へ】2019年度父母懇談会(学内会場)写真の公開について

各位

10月19日に開催しました父母懇談会(学内会場)では、ご多忙の中ご出席くださりありがとうございました。
さて、懇談会当日にご案内いたしました、当日会場で撮影した写真を限定公開しております。
懇談会の様子はこちらのリンクをクリックすると要求されるパスワード及びID全てに、当日お知らせしたパスワードを入力してください。
公開期間は11月1日 12:00 ~ 12月2日 12:00です。

父母の会事務局

懇談会の様子はこちら

父母懇談会(学内会場)が盛況のうちに終了しました

IMG_35422019年10月19日(土)獨協大学内において、2019年度獨協大学父母の会主催父母懇談会(学内会場)を行い、289世帯・349名の父母・保証人、が出席し、盛況のうちに終了しました。      
 当日の詳細は、2019年12月発行予定の父母の会会報39号にてレポートします。


2019年10月19日
父母懇談会運営作業部会

台風19号により被害に遭われた方へ

 この度の台風19号により被害に遭われた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
 台風15号に続く今回の台風で被害に遭われた学生及びご父母が多数おられるのではと大変心配しております。
 台風が去った後の、懸命な復旧活動にもかかわらず、なお深刻な状況が続いております。
 皆様の安全な生活と一日も早い被災地の復旧をお祈り申し上げます。                                              
             
                        2019年10月15日
                       獨協大学父母の会代表幹事                                 
                              中澤 俊勝

2019年度父母懇談会(長野会場)開催レポート(3)

学部別懇談会

 学部別に分かれ、普段会うことができない先生方との交流。


懇親会

 学部別懇談会のあとは懇親会を開催。
懇親会は料理を囲み、和やかな雰囲気の中、ご父母同士や、大学教職員の皆様と交流を深めました。


 [プログラム]
  13:00~13:40
 ・主催者挨拶
  中澤俊勝 父母の会代表幹事
 ・大学代表者挨拶及び大学近況報告
    江花輝昭 外国語学部長/父母の会副代表幹事
 ・同窓会挨拶
  須藤明弘 一般社団法人獨協大学同窓会会長 
 ・出席者紹介
  13:40~14:30
    ・就職に関する講演
      「キャリアセンターの就職支援と就職状況」
  平井岳哉 キャリアセンター所長
                      /経済学部経営学科教授
      「首都圏へ進学した大学生へのUIJターン就職のすすめ
     ~長野県のUターン就職支援の取り組みについて~」
       東 賢佑 長野県産業労働部労働雇用課 主事
  ・同窓生による講演
       「獨協との縁」
   森基氏 一般社団法人獨協大学同窓会 長野支部員
                                      (司会:渡邊ひろこ 幹事)
    14:45~15:45
    ・学部別懇談会
    16:00~17:30
    ・懇親会
      開会の辞:内田匡史 監査
      乾杯:安井一郎 国際教養学部長  
            /父母の会執行幹事
      閉会の辞: 西村和典 執行幹事
                                    (司会:山本一博 幹事)
 
|
|
3
 

2019年度父母懇談会(長野会場)開催レポート(2)

 就職に関する講演会では、キャリアセンター所長である平井 岳哉 経済学部教授にご挨拶いただき、続いて長野県産業労働部労働雇用課 主事である東 賢佑氏に「首都圏へ進学した大学生へのUIJターン就職のすすめ~長野県のUターン就職支援の取組みについて~」を講演いただきました。


[キャリアセンターの就職活動支援と状況]
第3次産業がメインとなっている学生達の進路先
キャリアセンター所長/経済学部経営学科教授 平井 岳哉

 大学のキャリアセンターでは、様々な手厚い就職活動支援を行っています。
 何より覚えておいていただきたいのは、キャリアセンターには歴代の先輩が残してくれた「就職活動体験記」があることです。これは2000年からの全業種における先輩達の記録であり、キャリアセンターの宝といえるものです。
 その他には、先輩や同窓会からお話を伺える機会や、これまでに8000件を超える窓口での相談件数、また法律的なバックアップもあります。加えて就職活動に役立つ情報も多数掲示されており、UターンIターンも支援しています。これらの活動により、毎年の全学部生の満足率は約90%になっております。
 次に各学部別進路状況をお伝えします。
 獨協大学全学部において、30年前は就職先の3割を占めていた製造業が現在は1割に減り、その2割はほぼ情報通信系へとシフトしています。また、卸売・小売・流通系が学生全般で多く、サービス業も多くみられます。
 各学部別の特徴では、国際教養学部や外国語学部は運輸業・航空系、経済学部は金融・保険業、法学部では公務員が目立っています。


[地元在住卒業生による講演]
獨協大学との縁
森 基 一般社団法人獨協大学同窓会 長野支部員

 ホテルマンの道を歩む私の人生の中で、獨協大学の教育精神「大学は学問を通じての人間形成の場である」は大いに助けてくれました。これは大学のみならず、社会に出ても通ずることであると思います。
 今年の3月、久々に獨協大学に行ってみました。昔と違ってとても近代的な素敵なキャンパスになっていて、びっくりでした。面影は全くと言っていいほどありませんでしたが、ただ唯一懐かしかったのは、大学の東側にある『すし花』というお寿司屋さんです。ぜひ皆様も、獨協大学をご訪問された際には、ぜひすし花でランチしてみてください。

 Voice 参加者の声

担当の先生からコメントを頂くことが出来、学校生活の様子がわかり良かったです。

子供と話す機会があまり無く、4年生の今の時期をどう過ごすのかとても心配でしたので今回参加させていただきました。個別相談でアドバイスをいただきましたので子供に伝えたいと思います。

|
2
|
 

2019年度父母懇談会(長野会場)開催レポート(1)

父母懇談会長野 中澤俊勝 代表幹事

▲中澤俊勝 代表幹事

  6月30日(日)、メルパルク長野において、2019年度「父母懇談会(長野会場)」を開催し、37世帯52人のご父母・保証人と関係者合わせて90名が出席し、盛況のうちに終了しました。
 父母懇談会は獨協大学の近況や学生の普段の様子を教職員の皆さんから直接お伺いし意見交換すると共に、父母の会会員と教職員、また、父母の会会員同士の交流促進を目的として実施するもので、長野県での開催は2014年以来2回目となりました。
 はじめに父母の会を代表して中澤俊勝 代表幹事が「本日は、お忙しい中、獨協大学父母の会主催『父母懇談会』にご出席頂きまして、ありがとうございます。会員の皆様におかれましては、日頃より父母の会の活動に対して、ご理解ご協力を賜り感謝申し上げます。
 父母の会も発足以来歴史を重ね、お陰様で昨年10月に設立10周年を迎えました。特に重要な活動として位置付けているのが、本日ご出席頂いております『父母懇談会』の開催です。
 ご父母の皆様に対し、大学の活動の様子や就職の状況等を広く知って頂く重要な機会として取り組んでおり、参加頂いたご父母の皆様からも評価を頂いています。この機会に、本日お集まりの皆様と獨協ファミリーの一員として、獨協大学の空気を感じつつ、交流を深めて頂ければ幸いです」と挨拶いたしました。


[同窓会挨拶]
大学の運営を、後方から支援する
須藤明弘 一般社団法人獨協大学同窓会会長
一般社団法人 獨協大学同窓会

 獨協大学卒業生93,551名を代表して、ご挨拶を申し上げます。
 獨協大学同窓会は、卒業生の親睦及び母校獨協大学の後援を目的として立ち上げられました。ここで言う後援とは、四文字熟語の『後方支援』です。大学の運営を、後方から支援する。私達同窓会は、自分達の立ち位置をそう定め、徹底しています。
 現在全国で26支部、海外で5支部の卒業生の会があり、その人数は10万人に達そうとしています。そうした中で各分野でリーダー的な役割、活躍をしてきたOB、OGも増えてきております。これは我々同窓会の誇りです。
 同窓会では各職域のOB、OGによる年2回のワークショップや奨学金の授与など、現役学生の各種バックアップも行っておりますので、ご安心して大学にご子息ご息女をお預けいただければと思います。


[大学代表者挨拶及び大学近況報告]
厳しい時代を生き抜ける逞しい学生を
江花輝昭 副代表幹事/ 獨協大学 外国語学部長

 先日発表された日本経済新聞社による『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査』で本学が総合ランキング35位にランクされました。このランキングは国公立私立大学全体のものであり、私立大学のみで見ると本学は8位となります。これは本学の教育活動が企業に評価された証であり、大変喜ばしく感じております。しかしながら本学はこの結果に一喜一憂することなく、引き続き学生の教育に逼進していく所存です。
 グローバル化、成熟化、第4次産業革命など、大学や学生を取り巻く環境はめまぐるしく変化しています。そのような時代であるからこそ、本学では社会のニーズを的確にとらえ、その変化に対応した教育を実践することにより厳しい時代を生き抜ける逞しい学生を育てていく所存です。埼玉県に学生を送り出しご心配なこともあることと存じますが、安心してお任せいただければ幸いです。

1
|
|
 

【会員の皆様へ】父母の会会報38号の発行について

 

会報38号

父母の会会報38号を発行しました。

(主なトピック)
・父母懇談会(長野会場)レポート
・特集 一人暮らしの学生の1日
・学生向け文化施設利用制度
・作業部会紹介
・芸術・芸能鑑賞企画「東京宝塚劇場 宝塚歌劇 団体鑑賞」開催報告
・父母の会ニュース
 「学生チャレンジ支援プログラム」審査結果等

 会報は2019年10月11日に会員のご自宅宛に発送します。未着の場合は、お手数ですが父母の会事務局までご連絡ください。

獨協大学父母の会事務局