10周年記念誌を発行しました

IMG_0964

獨協大学父母の会10周年記念事業の集大成として、「獨協大学父母の会10周年記念誌」を発行しました。この冊子には、2018年10月20日に挙行した10周年記念式典の模様や、本会設立以降10年間の記録が克明に記録されています。
送付を希望される方は、下記の情報をメールにてお知らせください。

①父母の会会報送付時の住所ラベル番号(ラベル右下の9桁の番号)
②会員氏名
③学生氏名
④送付先郵便番号
⑤送付先住所

送信先:fubonokai(a)stf.dokkyo.ac.jp
      ※(a)は@に変えて送信してください。

なお、本記念誌は6月30日開催の父母懇談会(長野会場)、10月19日開催の父母懇談会(学内会場)、12月8日開催の父母交流会(大阪会場)にて配付します。

父母の会事務局

2019年度父母の会総会報告

5月18日(土)15時より、獨協大学東棟102教室において、2019年度父母の会総会を開催。2018年度収支決算報告と役員の改選が行われ、原案が異議なく承認されました。
総会終了後には、新役員による第1回幹事会を開催。代表幹事に中澤俊勝氏(ドイツ語学科・3年)が選出され、獨協大学父母の会の2019年度の活動がスタートしました。
総会終了後には、2018年度学生チャレンジ支援プログラムのチャレンジ活動助成に採択された2組の学生による成果報告が行われ、出席した会員は日頃の学生の活動に興味深げに耳を傾けていました。
その後会場を35周年記念館学生食堂に移し、懇親会が行われ、会員相互の交流が図られました。
総会の模様は、父母の会会報第37号にて紹介いたします。

2019年度 獨協大学父母の会総会の開催について

獨協大学父母の会会員 各位

 2019年度獨協大学父母の会総会を下記の通り開催いたしますので、ご出席くださいますようご案内申し上げます。
 なお、開催通知を4月下旬に別途郵送いたします。開催通知に同封のはがきによりご出欠をお知らせいただくとともに、欠席の場合には委任状欄にもご署名とご捺印のうえ、2019年5月7日(火)までにご投函くださいますようお願い申し上げます。

記    

日 時:2019年5月18日(土)午後3時から(受付開始 午後2時30分)
場 所:獨協大学 E-102教室(東棟1階)
議 案: 1.議長選出
     2.2018年度収支決算報告
     3.獨協大学父母の会幹事および監査の選任
     4.その他 

以上  

                                       

*当日は4月下旬にお送りする書類、『2019年度 獨協大学父母の会総会の開催について』を持参のうえ、会場受付に提示くださいますようお願い申し上げます。
*総会終了後、懇親会を行いますのでぜひご参加ください。

 

 

[学生チャレンジ支援プログラム] 審査結果 (2018年度第4期)

[学生チャレンジ支援プログラム]
審査結果

 2018 年度第4 期申請(11 月1 日~ 12 月20 日)の学生チャレンジ支援プログラム審査結果は以下のとおりです。

(チャレンジ活動顕彰)

■川村颯季さん(英語学科4年)
京都外国語大学外国語学部 英米語学科主催「第12 回森田杯・英文毎日杯 ペアで紹介する日本文化英語プレゼンコンテスト」第3位に対し、63,000円の顕彰金を贈呈。

■長島遼平さん(交流文化学科4年)
北九州市立大主催「第16回青嵐杯大学生英語弁論大会」第2位、
文京学院大学ESS主催「第24回島田杯争奪英語弁論大会」第3位、上智大学短期大学英語会主催「第41回上智大学短期大学部学長杯争奪弁論大会」第3位、以上3件に対し、39,000円の顕彰金を贈呈。

■国際環境経済学科 米山ゼミチーム
春日部市主催「春日部市大学生政策提案コンテスト2018」優秀賞に対し、98,000円の顕彰金を贈呈。

(チャレンジ活動助成)

■藤井優花さん(英語学科3年)
活動名:日本人の持つ難民のイメージを変え、日本人と難民が共進化できる社会を作る!
審査結果:採択  100,000円を助成

■米山ゼミ 食と農を考えようプロジェクトチーム
活動名:埼玉県大学等連携普及啓発活性化事業「野菜カレンダー
でエコ・クッキング!」企画
審査結果:採択 20,714円を助成

*学生チャレンジ支援プログラムの詳細はこちらをご覧ください

父母の会事務室の移転に伴う電話番号の変更について

会員各位

3月18日より、父母の会事務室が中央棟1階から4棟1階に移転しました。
これに伴い、電話番号とFAX番号が下記のとおり変更となりますので
よろしくお願いいたします。

電話:048-946-1962
FAX:048-943-3160

父母の会事務局

【新入生の保証人の皆様へ】2019年度父母の会入会式のご案内

新入生保証人 各位

4月1日の入学式終了後、下記のとおり父母の会入会式を行いますのでご案内いたします。

日時:4月1日(月)12時~13時(終了予定)
場所:35周年記念館アリーナ
時程:12時開式
  (式次第)
   1 開会の辞
   1 名誉会長挨拶
   1 代表幹事挨拶
   1 登壇者紹介
   1 事業計画の説明
   1 事務局伝達事項
   1 閉会の辞

    入会式に続き、平井岳哉キャリアセンター所長による就職に関する講演を行います。

獨協大学父母の会

【会員の皆様へ】父母の会会報36号の発行について

 

父母の会会報36号を発行しました。

(主なトピック)
・「父母懇談会 仙台会場」レポート
・幹事会、執行幹事会、作業部会報告
・2019年度事業計画
・2019年度収支予算書
・写真で振り返る2018年度の活動
・父母の会ニュース
 「学生チャレンジ支援プログラム」審査結果等

 会報は2019年3月18日に会員のご自宅宛に発送しました。まだ未着の場合は、お手数ですが父母の会事務局までご連絡ください。

獨協大学父母の会事務局

2018年度父母懇談会(仙台会場)(3)

学部別懇談会

 学部別に分かれ、普段会うことができない先生方との交流。


懇親会

 学部別懇談会のあとは懇親会を開催。
懇親会は料理を囲み、和やかな雰囲気の中、ご父母同士や、大学教職員の皆様と交流を深めました。


[プログラム]

11:30 ~ 受付開始

■全員参加 
<全体会>
13:00~14:30
  ・父母の会挨拶:増渕修司 代表幹事
  ・大学挨拶:古川堅治 副代表幹事 /国際教養学部長
  ・一般社団法人獨協大学同窓会挨拶: 星逸朗 理事
  ・出席者紹介
 就職に関する講演会
  ・挨拶:平井岳哉 キャリアセンター所長
                 / 経済学部教授
  ・講演:「首都圏へ進学した大学生への
          UIJターン就職のすすめ
    ~宮城県の地元就職に向けた支援施策等について~」
  伊藤雅聡氏(宮城県経済商工観光部雇用対策課雇用推進専門監)
 同窓会活動紹介
  渡邊貴美子氏   (獨協大学同窓会宮城県支部代表)
           (全体会司会:渡辺六恵 幹事)

<学部別懇談会>
14:45~16:00
 ・各学部教員と父母との懇談

<懇親会>
16:00~17:30
 ・開会挨拶: 宮本和子 幹事
 ・乾杯:江花輝昭 外国語学部長 / 父母の会幹事
 ・閉会挨拶:山本一博 幹事

  ■任意参加
<個別相談>
11:30~13:00
  教務課、学生課、キャリアセンター、国際
  交流センター職員による個別相談 

|
|
3
 

2018年度父母懇談会(仙台会場)(2)

 就職に関する講演会では、キャリアセンター所長である平井 岳哉 経済学部教授にご挨拶いただき、続いて宮城県経済商工観光部雇用対策課雇用推進専門監である伊藤 雅聡氏に「UIJターン就職のすすめ」を講演いただきました。


[キャリアセンターの就職活動支援と状況]
様々な手厚い就職活動支援
キャリアセンター所長/経済学部経営学科教授 平井 岳哉

 大学のキャリアセンターでは、様々な手厚い就職活動支援を行っています。
 何より覚えておいていただきたいのは、キャリアセンターには歴代の先輩が残してくれた「就職活動体験記」があることです。これは2000年からの全業種における先輩達の記録であり、キャリアセンターの宝といえるものです。
 その他には、先輩や同窓会からお話を伺える機会や、これまでに8000件を超える窓口での相談件数、また法律的なバックアップもあります。加えて就職活動に役立つ情報も多数掲示されており、UターンIターンも支援しています。これらの活動により、毎年の全学部生の満足率は約90%になっております。
 次に各学部別進路状況をお伝えします。
 獨協大学全学部において、30年前は就職先の3割を占めていた製造業が現在は1割に減り、その2割はほぼ情報通信系へとシフトしています。また、卸売・小売・流通系が学生全般で多く、サービス業も多くみられます。
 各学部別の特徴では、国際教養学部や外国語学部は運輸業・航空系、経済学部は金融・保険業、法学部では公務員が目立っています。


UIJターン就職のすすめ
宮城県経済商工観光部雇用対策課雇用推進専門監 伊藤 雅聡氏

 卒業後の活躍の場として、是非宮城県を選んでいただきたいです。
 なぜならば宮城県では、育成・誘致による集積促進、観光資源や知的資産の活用、農林水産業の競争力強化、開かれた貿易経済圏の形成、産業競争力強化の5つの分野で取り組みを行っており、皆さんの活躍の場が多くあるからです。
 また、就職活動支援のためのサイトやイベント、インターンシップの受け入れ、UIJターン就職支援オフィスの開設に加え、交通費宿泊費補助などもあるので、これらを是非ご活用ください。

 Voice 参加者の声

娘が行きたいと言って行かせた大学なので私自身この大学がどういうものなのか何をモットーとしているのか不透明だったが、この会に出席して人間形成教育を知った。娘にはその気持ちを持って勉学に励んでほしいと思う。  (外国語学部 英語学科 3年母)

仙台で開催するのは数年ぶりとのことでしたが、県外から行かせた親としてこのような場を作ってもらえてありがたいと思いました。今後もこのような行事があれば参加させて頂きたいです。  (外国語学部 ドイツ語学科1年母)

|
2
|
 

2018年度父母懇談会(仙台会場)(1)

20181209 父母懇談会仙台 国際教養学部長

▲古川堅治 国際教養学部長

  2018年12月9 日(日)仙台市のホテルメルパルク仙台において、2018 年度父母懇談会(仙台会場)が行われ39世帯54名のご父母と、父母の会役員12名、教職員22名、同窓会関係者2名、父母の会事務局の92名が出席しました。
 父母の会を代表して増渕修司代表幹事からの挨拶ののち、大学を代表して父母の会副代表幹事である古川堅治国際教養学部長より獨協大学の沿革、大学教育の現状、大学改革の方向性等について説明がありました。また、一般社団法人獨協大学同窓会・星逸朗理事にご挨拶をいただきました。
 その後、平井岳哉キャリアセンタ―所長による講演、そして宮城県経済商工観光部雇用推進専門監・伊藤雅聡氏による講演「首都圏へ進学した大学生へのUIJターン就職のすすめ」が行われました。
 全体会の後、学部別懇談会、懇親会が行われ、大学関係者とご父母、ご父母同士が懇親を深めました。


[同窓会挨拶]
同窓会事務局に相談を
一般社団法人 獨協大学同窓会 理事 星 逸朗氏
一般社団法人 獨協大学同窓会

 ご家族の皆さんは現在、お子さんの就職等の進路問題で不安をお持ちかもしれません。
 獨協大学が50周年を迎え、同窓会も50 周年を迎えました。初期の同窓生は70 歳を超えています。つまり、経験豊富で有力な先輩が大勢いるということです。特にUターンを希望されている方は、地元の同窓生に相談されることをお薦めします。後輩に頼られて喜ばない先輩はいません。でも誰に相談して良いか判らない方は、同窓会事務局に相談してください。喜んで相談に応じます。そして獨協大学のキャリアセンターを訪れることを薦めます。経験豊富なスタッフが懇切丁寧に対応してくれます。
 私は縁があり卒業生の就職問題で支援をしていますが、センターで卒業生の就職体験文ファイルの存在を知りました。大変素晴らしいもので、間違いなくお役に立つと思います。親子の対話を充分にして頑張ってください。


[大学代表者挨拶及び大学近況報告]
父母の会、充実の10周年
獨協大学父母の会代表幹事 増渕 修司

本日はお忙しい中、獨協大学父母の会主催「父母懇談会(仙台会場)」にご出席いただきまして、誠にありがとうございます。会員の皆様におかれましては、日頃より父母の会の活動に対して、ご理解ご協力を賜り感謝申し上げます。この度は39世帯54名のお申し込みを頂きました。改めて御礼申し上げます。仙台での開催は2013年以来2度目となります。
 さて、獨協大学父母の会は、大学の教育方針に則り、父母が連携を図り学生の学習活動を支援すると共に大学の教育研究活動の充実及び発展に寄与することを目的として、2008年10月に発足しました。おかげさまで、2018年10月には設立10周年の節目を迎え、10周年記念事業として様々な活動を行いました。10月に実施した父母懇談会(学内会場)においては、記念式典を挙行し、公募で決定したシンボルマークの披露並びに、大学に対する記念品の贈呈式を行いました。
 本会では事業計画に則り各種事業を行っていますが、その中でも特に重要な活動は、父母懇談会・父母交流会の開催です。これらの会は、ご父母の皆様に対し大学の活動の様子や就職の状況等を広く知っていただく重要な機会として取り組んでおります。本日は最後までお付き合いいただき、“獨協ファミリー”を所以とするアットホームな雰囲気を肌身で感じていただきながら、懇親を深めていただければ幸いです。

1
|
|